News


こんにちは。Proideスタッフの村上です。
先日公開した、「Proideで働く」シリーズの第2弾、

【Proideで働く その2】 独学で極める!Web制作の勉強術

を公開します!! これまでどうやって勉強してきたのか、ぷろぼのでどのような訓練をしたのか、そして今はどんな風に勉強しているのか、などなど皆様のお役に立てるのかわかりませんが、赤裸々に語っちゃいます!

※ちなみに第1弾はこちら↓

【Proideで働く その1】Proideの紹介

まだご覧になってない方は、ぜひ第1弾もご覧ください。

動画学習サイトの紹介

最近はインターネット上で無料で勉強できる動画学習サイトが増えてきました。その中でも、私が特におすすめのサイトを2つ紹介します。「ドットインストール」と「schoo」です。

img_20150114_001 ドットインストール
http://dotinstall.com/

ドットインストールは3分動画でマスターするプログラミング学習サイトです。「HTML入門」や「CSS入門」など基礎的な技術から、「PHP」や「スマホアプリ制作」などの応用的な技術。さらにコーディング作業を快適に行うための環境の構築の授業など、とにかくコーディングに関する分野を幅広くあつかっている所が特徴です。

「プログラミング学習サイト」というとちょっと難しそうだな・・・ と思ってしまうかもしれませんが、特にHTML入門やCSS入門の動画は、本当に基礎的なところから始まるので、パソコン1つで始めることができます。ちょっとでも興味があったら、とにかくやってみるのがおすすめです! また、ドットインストールは技術が進化して古くなった動画をバンバンアップデートしています。 新しく公開された動画を定期的にチェックするだけで、今のコーディングの最前線を追っかけられるようになっています。

1つのテーマについて10~20個くらいの動画授業から成り立っているのですが、1つの動画は3分程度なので、細切れの時間をつかってテンポよく勉強できるようになっているのがいいですね。ちなみに有料会員になると、授業のテキスト起こしやソースコードのダウンロードなどができるようになります。

img_20150114_002 schoo(スクー)
https://schoo.jp/

schooもドットインストールと同じく動画学習サイトです。schooの最大の特徴はなんと言っても授業が生放送!! 授業は「講師が授業をしている画面」「授業で使われているスライドの画面」「リアルタイムで交流できるチャットの画面」と3つの画面を見ながら進められていきます。どの授業も最後のほうに質問タイムがもうけられているので、チャットを使って授業の内容について質問できて、リアルタイムで回答をいただけるようになっています。

schooの動画は1つのテーマについて、30分から2時間ほど時間がとられています。ですので、勉強するにはある程度まとまった時間が必要ですね。基本的に生放送ですが、月額500円の料金を支払うと、過去に行われた生放送すべての録画授業を見ることができます。とりあえず生放送を見て気に入ったら料金を支払って、どっぷり動画生活を送るのもよいかもしれませんね。生放送の授業は毎日ありますよ!

また、schooにはWebデザインのほかにも、「スタートアップ学部」や「グローバルビジネスパーソン学部」もあります。起業を目指している人のための授業や、英語を勉強している人のための授業が行われています。興味があったらいろいろな授業を受けてみるといいでしょう。ちなみにfacebookのアカウントを使用すれば、特に会員登録などは必要ありません。

ちょっとしたスキマ時間で勉強するときは「ドットインストール」。まとまった時間のあるときは「schoo」と使い分けるのがおすすめです。授業の内容としては「コーディング」メインなのが「ドットインストール」。コーディングだけでなくPhotoShopやIllustratorの使い方も勉強できるのが「schoo」です。どちらも基本無料なのが素晴らしいですね。ですが、私はそろそろ有料会員になろうかな・・・と悩み中です(笑

おすすめメールマガジン

img_20150114_003 CodeGrid
https://app.codegrid.net/

CodeGridはフロントエンドに関わる人々のガイドです。ピクセルグリッドという会社が提供している技術研究や実際の制作で得たノウハウを配信している有料メールマガジンです。メールマガジンという形式ですが、Googleのアプリとして提供されているのでブラウザ上で見ることもできます。公開されている内容はちょっと難しいです。ただ、お仕事としてウェブ制作をしようと思っている方にとっては、業務で求められている難度の情報が提供されているという点でとても有用だと思っています。3つのテーマについて1週間に1度のペースで配信されるので、情報量としても十分です。私も2014年の2月から会員になり購読しています。ちなみに月額800円です。

おすすめ書籍

img_20150114_004 Web Designing
http://book.mynavi.jp/wd/

Web Designingは毎月18日に発売されている、Webデザイナーのための月刊誌です。これはもう定番ですね。Web業界で働いている人のインタビュー記事、話題のホームページ、読者からのアンケート結果、最新の技術の紹介などなど、Web制作の情報が盛りだくさんです。月1でこういう情報をドカっと仕入れるのもいいですね。私は2009年4月から毎月購読しています。

また、Web制作の勉強をしたいという初心者におすすめの書籍を紹介します。Proideスタッフの間でも特に評判がいいのが、トレーニングブックシリーズとレッスンブックシリーズです。

img_20150114_005 Photoshopトレーニングブック CS6/CS5/CS4対応
http://www.sotechsha.co.jp/pc/html/949.htm
img_20150114_006 Illustrator トレーニングブック CC(2014)/CC/CS6/CS5/CS4対応
http://www.sotechsha.co.jp/pc/html/1054.htm

トレーニングブックシリーズはPhotoshopやIllustratorのアプリケーションの操作方法を豊富なイラストを用いて解説している技術書です。本屋に行って見てもらうとわかるのですが、このシリーズはどれもちっちゃい本です。ですが、ソフトの操作方法のエッセンスがギュッとコンパクトにまとめられていて、とても勉強しやすいです。アプリケーションの勉強の最初の1冊としておすすめです。

img_20150114_007 レッスンブックシリーズ
http://www.socym.co.jp/book_series/series-lessonbook

レッスンブックシリーズはソシム社が販売している技術書のシリーズの1つです。レッスンブックシリーズはPhotoshopやIllustratorの本だけでなく、HTML/CSSやWordPress、JavaScriptといったコーディングの勉強ができる本もたくさんあります。

中でも一押しなのが、「WordPress レッスンブック」です。私がWordPressの勉強を始めたときに一番最初に読んだ本です。WordPressのテンプレートをゼロから作っていくというスタンスの本です。まったく未知の分野だったWordPressの大まかな概要を知ることができて、とても勉強になりました。最近、HTML5を使用した内容にリニューアルされました。

おすすめ情報サイト

これはもう星の数ほどあるのですが、あまり難しくなく、かつ有益なサイトとして、

img_20150114_008 Web担当者Forum
http://web-tan.forum.impressrd.jp/

img_20150114_009 Webディレクターズマニュアル
http://web-d.navigater.info/

この2つをあげておきます。この2つは技術的、専門的なWeb制作の話というよりも、ホームページをどう運用していくか、設計していくのか、みたいな話が豊富なサイトです。こういうサイトも定期的にチェックするのもいいかもしれませんね。

訓練生時代の話

それでは、就労移行の訓練生の人たちや、その支援者の皆様に向けて、私自身がぷろぼのの就労移行の訓練生だったころ、どのように訓練したか、どんな支援が役に立ったのか、嬉しかったのか、ということを紹介します。

私はぷろぼの高の原事業所の訓練生でした。
2010年8月から2012年2月まで訓練をして、一度はぷろぼのの職員様の紹介で便利屋さんに就職したのですが、10ヶ月後に倒産してしまい、途方にくれていたところを、DJ.amaya氏から、

「You!! ぷろぼのにCome BackしちゃいなYo!」

と誘われて、ホイホイ戻ってきました。
その後、2013年3月から訓練を再開して、2013年7月からA型職員として雇用されて現在に至ります。

高の原事業所ではDJ.amaya氏の下でホームページの制作の訓練をしてました。私は大学生のころから趣味でホームページを運営していたのですが、本当にHTMLとCSSだけで作られている、今の自分から見たら相当お粗末のものだったと思います。高の原事業所に来てよかった点の1つが、Adobeのソフトを使った訓練ができたことです。Adobeのソフトとは、Photoshop、Illustrator、Fireworks、Dreamweaverなど現在はCreative Cloudとして提供されている、デザイナーご用達のソフト群のことです。高の原で訓練していた当時は現在のProideの環境のようにMaster Collectionではなかったのですが、DreamweaverとFireworksの基本的な操作を学べたことは、今の仕事にも役に立っています。

今でこそ私はプライベートの環境でもAdobe Creative Cloudを契約して活用していますが、訓練生だったころは財政的にもソフトを買う余裕などありませんでした。ぷろぼのでホームページ制作やデザインの勉強する場として、Adobeのソフトを使える環境を整えることは、訓練生にとってとても重要なことだと思っています。

そういった恵まれた環境で訓練をできた私ですが、訓練を開始してまもなく1つのホームページの更新管理の仕事を頼まれました。それが高の原事業所で運営していた「ココット」のホームページの管理でした。

当時は今ほど難しいことは全然できなかったのですが、法人内案件の1つとして管理を頼まれたのは自分にとってすごくいい経験でした。その後は訓練生としてですが、「奈良県社会福祉士会」様や「TAVAX」様や「川端運輸」様のホームページを担当させていただきました。それと、「ikoryu音楽祭」の告知用のポスターのデザインも担当しました。

これまで自分の趣味で自分が作りたいものだけを作ってきたのですが、実際に存在するお客様がいて、お仕事として満足してもらえるように制作する機会が与えられ、責任を持って取り組めたことで、「障がい者である自分でも、人の役に立てるんだ」という実感がもてたことが嬉しかったですね。

少しくどくなっちゃいましたけど、要約すると

「Adobeのソフトを使える環境を整える」
「訓練中から実際の仕事に取り組んで成功体験を実感させる」

という2点が重要だと思っています。

これって、実はProideに実習に来れば、できることなんですよね。じゃあ、各事業所でできることはないの?って話ですが、例えば各事業所で行っているイベントの告知用の掲示物を訓練生の人に制作してもらったり、各事業所で運営しているWordPressのブログを触ってもらったり。就労移行支援では決められた訓練やカリキュラムがありますが、別にそういったレールに乗らなくても、できそうな事をできそうな訓練生たちに、どんどん振っていったらいいと思います。特にWordPressはProideだけでなく、一般的な制作会社においても主力技術の1つなので覚えておいて損はないはずです!

最後はちょっと勉強法の話からずれちゃいましたけど、今回の記事はいかがだったでしょうか。
次は、

「【Proideで働く その3】 Proideで体感!Web制作の最前線」

です。2014年に流行った表現や、Web制作の現場で取り入れられている最新の技術などを紹介します。次の記事でこの連載は最後です。ちょっと専門的な内容になりそうですが、興味のある方はしっかりついてきてくださいね。次の更新をお楽しみに!!

★Proideで働くシリーズ
【Proideで働く その1】Proideの紹介
【Proideで働く その2】 独学で極める!Web制作の勉強術
【Proideで働く その3】 Proideで体感!Web制作の最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加