News


こんにちは。Proideスタッフの村上です。
まだまだ寒い日が続きますね。でも、少し前まで終業時は真っ暗だったのに、最近は少しずつ明るくなりつつあり、もうすぐ春なんだな~と感じさせますね。

3月より「Proide Monthly Report」と題しまして、1ヶ月に1回、Web業界で話題になっている現象やProideでの業務について、簡単に紹介する記事を書くことにしました。毎月第1月曜日に更新できたらいいな、と考えていますが、私のプライベートの忙しさ具合で変わってくるかもしれません。業務時間にはブログの記事を書く余裕がないためでして・・・

さて、第1弾のテーマは「モバイルフレンドリーなサイト」です。

先週2月26日に、Googleさんが公式ブログでこんな内容の記事を公開しました。

Finding more mobile-friendly search results
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

記事は英語ですが、苦手な人のために簡単に要約すると。

「4月21日から検索結果の表示順位にスマートフォンの対応状況を考慮するよ」

ということです。

これまでのGoogleの検索結果は、スマホ対応させているサイトについては「スマホ対応」というラベルを貼り付けているだけでした。スマホ対応をランキング結果に反映させるかどうかは「テスト中」という扱いでしたが、ついに来るべき時が来た!という感じですね。

a significant impact in our search results

と書かれているように、この変更は検索結果にかなりの影響を及ぼすみたいです。

また、記事の中にはホームページがスマホ対応しているかどうか、チェックするツールも公開されています。

モバイル フレンドリー テスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

チェックしたいホームページのアドレスを入力して「分析」ボタンを押すだけで簡単にチェックできます。
具体的にどんな風になるのか、紹介します。

まずは、スマホに対応しているサイトの検索結果の例です。

img_20150302_001

続きまして、スマホ対応できてないないページの例です。

img_20150302_002

はい。こうなりました。
分析結果が非常にわかりやすいですね。さすがGoogleさん。
とりあえずチェック項目を1つずつ解決していけば、Googleさん的にはスマホ対応として扱ってくれるんでしょうね。

またGoogleのブログの記事内に「モバイル ユーザビリティ レポート」というツールが紹介されています。これは従来のウェブマスターツールと連動させて使うことのできるツールです。ページごとではなく、サイトをまるごとチェックできるツールとなっています。

というわけで、「スマホ対応大事!」というお話でした。

Web制作者としては、スマホ対応大事というのは嫌というほど頭では理解しているのですが、何が難しいのかと言うと、PC向けサイトと共存させる方法を実装するのにかなりの労力が必要になるということです。「PCだけのサイト」「スマホだけのサイト」と単純に2種類用意して合体すればいいって言うもんでもないんですよね。ここらへんの話についてはまた別の機会に紹介するつもりです。それにしても、これってこれまで作ってきたサイトを全部スマホ対応させないといけないんじゃないの・・・ あーホント。大変ですわ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加